NETIS所得 KK-090015-VE

NETIS(新技術情報提供システム)とは
国土交通省は、新技術の活用のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的として、新技術情報提供システム(New Technology Information System:NETIS)を整備しました。
NETISは、国土交通省のイントラネット及びインターネットで運用されるデータベースシステムです。
活用効果評価にもとづいて技術を指定し、有用な新技術の活用促進を図ります。

平成10年度より運用を開始し、平成13年度よりインターネットで一般にも公開されています。
有用な新技術の情報を誰でも容易に入手することが可能です。

Q.公共工事等における新技術活用システムとは、どういうものですか?
A.公共工事等における新技術の活用検討事務の効率化や活用リスクの軽減等を図り、有用な新技術の積極的な活用を推進するための仕組みです。
新技術の積極的な活用を通じた民間事業者等による技術開発の促進、優れた技術の創出により、公共工事等の品質の確保、良質な社会資本の整備に寄与することを目的としています。 公共工事等における新技術活用システムの全体の概要については、国土交通省ホームページ(http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/13/130705_.html)をご覧下さい。

Q.登録番号には何か意味があるのですか?
A.00:数字の上2桁は登録された年度の西暦下2桁を表します。
0001:数字の下4桁は当該整備局で登録された順番を表します。
また、NETIS(評価情報)に掲載されている技術は、登録番号の末尾に「-V」が付与されています。
平成17年度以降にNETISに登録され技術詳細資料が提出されている技術(NETIS(評価情報)に掲載されている技術を除く。)については、登録番号に「-A」が付与されています。

Q.何かインセンティブはありますか?
A.NETISへ登録した新技術が有用(優れたもの)であると評価された場合には、当該技術の活用の促進を図ります。 また、新技術を工事等に用いた施工者には工事成績評定への加点等を行います。
使った結果の効果が良好な場合は、さらに加点されます。

Official netis button

レンタルをご検討の方へ

Arrow big right b

ご購入をご検討の方へ

Arrow big right b

レンタル事業者様へ

Arrow big right b
ページトップへBack to top